美容ダイエットに注目のスーパーフード「ビレチン」の効果を紹介

2020年9月17日ノビレチン

美容ダイエットに注目のスーパーフード「ノビレチン」の効果を紹介

ダイエットを健康的にするためには食事が大事ですよね?無理な節制をしては痩せてもお肌が悪くなったりと美容には悪いです。 そこで今注目されているのが「ノビレチン」という成分です。

ノビレチンはシークワーサーなどの柑橘類に含まれる成分で老化防止に効果が期待できると話題になっています。 この記事ではノビレチンを摂取することによってダイエットや美容にどのような効果があるのかを調べたので書いていきます。ぜひ参考にしてください。

ノビレチンのダイエットでの効果

ダイエット効果が期待できる食材や成分はさまざまありますが、中でもテレビで話題になり脚光を浴びているのが、ノビレチンです。

ノビレチンのダイエットでの効果

ノビレチンはシークワーサーなどの柑橘類に含まれる「フラボノイド」と呼ばれる栄養成分の一種です。フラボノイドはポリフェノールの一種であり、抗酸化作用やデトックス作用があるため、アンチエイジングやダイエットへの効果が期待されています。ノビレチンはこうしたフラボノイドの一種であることから、同様にダイエットへの効果も期待できるのです。

具体的なダイエットへの効果としては、ノビレチンは「痩せる体質を作る」ことが挙げられるでしょう。

ノビレチンには脂肪細胞を縮小させ、脂肪燃焼を促進、さらに代謝改善させる効果があると言われています。これらの効果は、細胞それ自体からダイエットに適した身体を作ることに繋がるため、体質改善への効果が期待できるでしょう。血糖値の上昇を抑える働きがあることもダイエット効果が期待できるポイントです。

血糖値が上昇すると脂肪として蓄えようと身体が働きだします。そのため、血糖値の上昇を抑え安定させることはダイエットにも繋がるのです。さらにノビレチンには血流改善の効果もあるとされているため、冷え性改善にも繋がります。

冷えは代謝、すなわちダイエットとも深く関わっており、冷えを改善することはダイエットの成功にも繋がるのです。そのため、ダイエットだけでなく冷えにも効果が期待できるノビレチンは、ダイエットそのものだけでなく、ダイエットに適した身体づくりを支える上でも重要な役割を果たす存在と言えるでしょう。

ノビレチンはサプリで補うことも可能です。詳しくは「【比較】ノビレチンを含むサプリメントのおすすめ」を見てください。

ノビレチンのお肌への効果は?

ここからはノビレチンがお肌トラブルなどの美容にどのような効果が期待できるのか見ていきましょう。

美白

ノビレチンのお肌への効果は?:美白

ノビレチンの効果は、ダイエットやがん予防、アルツハイマー予防にとどまらず、美白にも及ぶと言われています。

そもそもノビレチンはポリフェノールの一種であり、アンチエイジングの代名詞とも言える抗酸化作用が注目されている成分です。そのため、ノビレチンにもこうした抗酸化作用は期待できるといって良いでしょう。肌に対するノビレチンの効果としては、紫外線による肌のダメージを防止し、シミや黒ずみの原因となるメラニン色素の生成を抑える働きがあると言われています。

このメラニン生成抑制作用により、美白効果が期待できるのです。ノビレチンには他にも代謝を活性化させる効果が期待できることから、肌のターンオーバーを促し、美白だけでなく美肌にも効果が期待できるでしょう。

日焼け

ノビレチンのお肌への効果は?:日焼け

ノビレチンは日焼けにも効果が期待できる、女性にとっては強い味方とも言える成分です。

いくら日焼け予防として日焼け止めを塗ったり帽子や日傘を駆使していても、うっかり日焼けをしてしまったという苦い経験がある人もいるでしょう。一度焼けてしまった肌をかつての色に戻すには時間も手間もかかるものです。そもそも日焼けとは、紫外線が当たり、肌がメラニン生成酵素であるチロシナーゼという成分を出すことによって肌が黒くなることを言います。

このチロシナーゼを活性化させる働きをノビレチンが抑制することが明らかとなっています。日焼けが起こるメカニズムそのものを抑制するだけでなく、光劣化と呼ばれる紫外線による色素沈着やシワなどに対しても予防の効果が期待できるでしょう。ノビレチンは日焼けの予防だけでなく、アフターケアとしても心強い味方となってくれます。

アトピー

ノビレチンのお肌への効果は?:アトピー

アトピーの原因については未解明な部分も多いのですが、シークワーサーに多く含まれるノビレチンは、そのかゆみを軽減させてくれる働きが期待できます。

遺伝的要素や環境的要素など、さまざまな原因が挙げられるアトピーですが、その症状として定義されているのが、「かゆみを伴う慢性的な皮膚炎」ということです。また、アレルギーを起こしやすい体質を持っていることも特徴です。

このアレルギー反応や症状に対してノビレチンは効果を持つと言われています。一般的に、ヒスタミンと呼ばれる原因物質が出されることでアレルギーが発症します。このヒスタミンを抑える働きを持つと言われているのが、ノビレチンです。

また、ノビレチンには痛みや炎症を鎮静化させる効果も期待されており、アトピーのかゆみを軽減してくれるでしょう。

シークワーサーでノビレチンを摂取してダイエット

ノビレチンが含まれている食材としてまず挙げられるのが、シークワーサーです。

シークワーサーでノビレチンを摂取してダイエット

ノビレチンは柑橘類に含まれていますが、中でもシークワーサーは100g当たりのノビレチン含有量が267mgと、カボスの89mg、みかんの24mgと比べても圧倒的に豊富であることが分かるでしょう。

ノビレチン含有量(100gあたり)
みかん24mg
カボス89mg
シークワーサー267mg

摂取方法としてはシークワーサージュースや生のままのフルーツで摂取するなど、好みに応じて選べます。

ノビレチンの1日における摂取量の目安は10mg程度であり、これはおよそシークワーサー5個分に相当します。さらにノビレチンは果皮に多く含まれているため、効果的に摂取するには果皮を含む果汁100%原液から取り入れるのが良いでしょう。

また、シークワーサー原液にはノビレチンの含有量が記載されているものもあるため、その中から選ぶと確実です。原液の場合では1日60g以上摂取することでダイエットへの効果が期待できると言われています。

当記事では沖縄シークヮーサー本舗の「青切りシークヮーサー100プレミアム」を紹介します。

青切りシークヮーサー100プレミアム
  • ノビレチン1,188㎎含有!
  • 全国どこでも送料無料!
  • 安心の30日間返金保証

シークワーサーは酸味の強いフルーツのため、原液で飲むのは辛い、という人もいるかもしれません。一般的には水や炭酸で薄めて飲んだり、はちみつを加えて飲みやすくすることが多いでしょう。

さらにドレッシングや酢の物など、料理の調味料として使用する方法もあります。

ノビレチンは熱にも強い特性を持つため、熱を加える調理をしても栄養素が壊れる心配はありません。ノビレチンを摂取するダイエットのやり方としては、シークワーサー原液を飲みやすく割って摂取します。いつ飲むのか決めておくと、忘れずに済むかも知れません。

シークワーサーについては「シークワーサーのノビレチン含有量がすごい!効果、おすすめ商品の紹介」もおすすめです。

ノビレチンを置き換えダイエットで摂取することができる「ドリップクリナスン」もおすすめです!